営業マンの苦悩の日々を告白


by fe7ehr1jm2

混雑区間は有料継続も=高速道無料化で―前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は8日の初閣議後に国交省内で行った記者会見で、高速道路の無料化について「無料化すれば込む所、渋滞が起きて高速道路の意味が低減をしたり、相殺をされてしまう所については有料にすることも考えないといけない」と述べ、大都市近辺の交通量の多い路線については料金徴収を続けることもあり得るとの認識を示した。
 今月下旬に始める一部区間の無料化社会実験は地方路線が中心。首都高速や阪神高速など交通量の多い路線は除かれている。
 また、前原氏は、民主党内の反発で実施が先送りされた高速道路の新料金制度について「(現時点では)見直しをしない。国会での議論を踏まえて国交省として総合的に判断する」との考えを改めて強調した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【Off Time】アメリカ横断ドライブ シスコからNYまで6400キロ
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

4、5月の機密費は3億円=引き継ぎ時の残高明かさず(時事通信)
菅首相提案の財政健全化協議、野党は否定的(産経新聞)
無理心中で母親死なす、「介護疲れ」62歳息子(読売新聞)
子ども手当満額断念 厚労相「財政上非常に難しい」(産経新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)
[PR]
by fe7ehr1jm2 | 2010-06-16 14:53